肌の基礎知識とお手入れ

モデーアI/D™ アドバンススキンケアシステムをより効果的に使っていただくためにも、
肌のことをより知ってもらいたい ―――――
そんな願いを込めて、モデーアから肌の基礎知識やおすすめのお手入れ方法を紹介します。一人でも多くの方が望む肌を手に入れられることを願っています。

  • 肌の大切な役割とは
  • 肌タイプにあったスキンケアのススメ
  • ステップ別・お手入れのポイント紹介

【肌の大切な役割とは】

肌の大切な役割とは

スベスベでハリのある肌――――――――誰もがそんな健康的な肌を望んでいると思います。素肌が美しいと、健康的でイキイキとした印象を受けるもの。こういった肌の外見的要素も大切なことですが、肌は臓器として需要な役割を担っています。「臓器」と聞くと、胃や脳を思い浮かべる方も多いかと思いますが、肌(皮膚)も外に出ている臓器と言われています。具体的に、どのような働きを肌はしているのか以下に8つ紹介します。

1.保護作用
私たちは、紫外線、化学物質、病原体、花粉といった様々な刺激物、異物に囲まれながら生活しています。こういったものから私たちの体内を守る役割を肌は担っています。
2. 保湿作用
適度な水分を保持する機能を担っています。肌表面にあるわずか0.02mmの角質層が、肌のうるおいを守る働きをし、体内を乾燥から守ってくれています。
3.感覚作用
手でバラのトゲを触ると痛さを感じる、猫をなでると柔らかさを感じる、これらは肌に神経が通っているからです。この神経により、肌から痛覚、触覚、圧覚、温度覚(温覚、冷覚)などの感覚を私たちは感じています。
4.分泌・排出
暑く感じると自然に汗をかきます。これは、その時々にあわせて、肌が余分な水分を汗として排出してくれているからです。汗の他にも、皮脂を適度に分泌するように調節しています。皮脂は、ベタベタしてあまり嬉しくない、と思う人もいるかもしれませんが、肌に潤いや柔軟性を与えて肌荒れを防いだり、体内の水分が過剰に蒸発してしまうのを防ぐ大切な役割があります。また、肌を弱酸性に保ち、雑菌を繁殖しにくくする効果もあります。
5.体温調整
私たちの体温は一定に保たれるようにからだが常に調整しています。気温等の外部環境変化が起こった際も、身体は体温を一定に保とうとします。この体温調節にも肌は関わっています。気温が上がると共に体温が上昇した際には、血流を増加させてからだの熱を肌から外に逃がします。逆に体温が低下すると、血管の収縮によりからだの外に熱が逃げるのを防ぎます。
6.貯蔵作用
肌は、皮下の脂肪組織に脂肪を蓄えています。脂肪と聞くと肥満の元というイメージが先行してしまう人もいるかもしれませんが、脂肪は大切な役割を担っています。エネルギーとして使用されることは勿論ですが、熱伝導率が低いため、体温保持に役立ったり、身体の外部の衝撃から身を守ったりしています。体内でも、内臓を正常な位置に保持したり、骨や筋肉が傷つけられないように保護する役割を果たしています。
7.ビタミンD生成作用
過度の紫外線は身体に悪影響を及ぼしますが、紫外線が全くないのも問題なのです。それは、骨の形成にはビタミンDが必要であり、ビタミンDを活性化せるには、紫外線が必要なのです。肌から浴びた紫外線により、ビタミンDが生成・活性化されます。
8.吸収作用
身体にとって不要なものは体内に入れない、排出するという作用を肌は行いますが、脂溶性ビタミンや女性ホルモン等の脂溶性物質は肌から吸収されます。

以上、大きく分けて8つの働きを紹介しました。
照りつける太陽や、ふきつける強風から体内を守り、恒常性を維持することに多大な貢献をしてくれている肌。この肌には常にストレスがかかっています。その肌を癒し、適切にケアすることは、健康を維持するためにも、肌をずっと美しくみせるためにも、必要不可欠なことなのです。

【肌タイプにあったスキンケアのススメ】

人間の肌は、基本的に同じ構造を持ち、同じ働きをしていますが、その人の持つ遺伝子や日々の生活習慣、生活スタイルによってその機能や働きの度合いが異なってきます。その機能や働きの違いは、肌質に現れます。
肌の機能を健やかに保ち、肌を美しくすこやかに保つためには、自分の肌タイプをきちんと見極めた上で、適切なお手入れをする必要があります。簡単な肌質(肌タイプ)の見分け方を以下にご紹介します。

肌タイプにあったスキンケアのススメ

■ドライスキンタイプ
寒くなってくると、頬に粉がふくといった経験がある人がいらっしゃいます。この粉の正体は、乾燥によりめくれ上がり、剥がれ落ちた肌の角質層です。肌の水分量が不足していることが原因で、悪化すると、肌がひび割れる場合もあります。こういったドライスキンタイプの方の肌の特徴は、皮脂の分泌が少なく、乾燥やつっぱり感、カサつきがあることです。肌のキメが細かく毛穴は目立ちにくいですが、乾燥によるシワには十分注意しましょう。
朝晩のお手入れの中に、保湿を促す化粧品、お手入れ方法をプラスすることで、肌の改善をはかることをおすすめします。
モデーアI/D™ アドバンススキンケアシステムのインターフュージョンを用いたパックを乾燥が気になる時期にこまめに行ったり、ディフェンスを気になる部分に多めに塗ることをおすすめします。ローションなど重ねづけもテクニックとして有効です。
■コンビネーションスキンタイプ
頬のかさつきは気になるのに、額は皮脂が浮いてテカっている、という方もいらっしゃるかと思います。小鼻やTゾーンはべたつきがちですが、頬など、部分的に乾燥が気になるスキンタイプです。このスキンタイプは、日本人に最も多い、コンビネーションスキンです。肌の水分・油分のバランスを整えるお手入れが大切です。肌のパーツの状態に合わせてお手入れできるようになると、より効果的です。かさつく部分には、モデーアI/D™ アドバンススキンケアシステムのディフェンスを気になる部分に多めに塗ることをおすすめします。
■オイリースキンタイプ
顔全体がテカテカして気になったりする方もいらっしゃいます。こういった方は、皮脂の分泌量が多く、テカリや毛穴、ニキビ、吹き出物などが気になるオイリースキンタイプです。余分な皮脂をしっかり落とすためのクレンジングや洗顔で肌を清潔に保ち、取り除いた後はしっかりと保湿を行うのがケアのポイントです。
オイリースキンタイプも、取り去ることだけでなく、与えることも大切ですので、モデーアI/D™ アドバンススキンケアシステムのインターフュージョンやディフェンスの使用をおすすめします。
■敏感肌タイプ
発疹や頻発するニキビに悩んでいませんか?季節の変わり目に起こる人もいるかもしれません。いわゆる敏感肌で、赤みやかゆみ、ニキビなどの肌あれを起こしやすい肌タイプです。肌の敏感状態は、ドライスキン、コンビネーションスキン、オイリースキンのすべての肌タイプに起こりえます。症状は様々なため、肌にあった化粧品を選ぶようにしましょう。モデーアI/D™ アドバンススキンケアシステムのインターフュージョンやディフェンスの使用の際も、肌の状態を確認しながら使用してください。敏感肌による腫れや発疹がみられた場合は、使用を控え、皮膚科の受診をおすすめします。

【ステップ別・お手入れのポイント紹介】

お手入れステップにおいても各肌タイプ別にポイントがあります。各ポイントを以下に紹介します。

●汚れを落とす(クレンジング・洗顔)
すすぎはしっかりと行い、クレンジング剤や洗顔料が肌に残っていないか確認するようにしましょう。
■ドライスキンタイプ
元々水分が失われている状態の肌をゴシゴシ洗うのは避けましょう。摩擦によって、角質が更にめくれてしまうためです。肌の水分が少ないため、うるおいを奪い過ぎない洗顔料でやさしく、極力摩擦がおこらないように洗いましょう。
■コンビネーションスキンタイプ
皮脂はしっかり落としながら、必要なうるおいを守る洗顔料を使いましょう。
■オイリースキンタイプ
べたつきが気になるからと言って、洗いすぎには注意しましょう。1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシ力を入れて洗うのは、肌を痛めてしまう可能性もあります。
●補う(化粧水・美容液)
■ドライスキンタイプ
肌の保湿力を高めるために、保湿性の高い化粧水や美容液を使うことをおすすめします。肌にしっかり水分を与え、乾燥を防ぐようにしましょう。
■コンビネーションスキンタイプ
水分と油分のバランスを整えるような化粧水・美容液をおすすめします。場合によっては、化粧水、美容液を部分的に使い分けることもおすすめです。
■オイリースキンタイプ
さっぱりとした感触の化粧水で、水分をしっかり補給しましょう。オイリースキンといっても、水分はしっかり補う必要があります。
●守る(乳液・クリーム)
■ドライスキンタイプ
乳液・クリームでも保湿力の高いものでケアすることをおすすめします。肌のバリア機能を補い、水分の蒸発を防ぐようにすることをおすすめします。
■コンビネーションスキンタイプ
乾燥が気になる部分を重点的に、乳液やクリームでのお手入れをおすすめします。
■オイリースキンタイプ
油分が少なめの乳液などでのケアをおすすめします。

いかがでしたか。
皆さんの肌がいつまでも美しく輝きつづけますように!
モデーアI/D™ アドバンススキンケアシステムは、皆さんの美しい肌づくりを応援しています。